駅のトイレでスーツから川崎フロンターレのユニフォームに着替える

NifMo、arrows M04が30%オフ23436円の川崎フロンターレ優勝記念 ...横浜大洋ホエールズは1978年、それまで本拠地としていた神奈川県川崎市から、同年に完成した横浜スタジアムに本拠地を移したことで誕生。神奈川県警では、地域にゆかりのあるスポーツ選手や著名人を起用した啓発ポスターを制作しています。当時は神奈川県川崎市中原区にあった「大洋ホエールズ」の合宿所からほど近いところに住んでいました。

当時テレビで見ていたときより鮮明ですわ。川崎球場時代末期のユニフォームは山下に合わせたものだという話がある。 なので、当然のことながら大洋ファンだったので、よく友達と武蔵小杉駅から南武線に乗って川崎駅まで行って、川崎球場(当時の大洋ホエールズのホームグラウンド)の外野席で応援していました。

これは、同球団初の試み。 さらに、少年野球チームに入っていて、このときの大洋ホエールズとまったく同じ「湘南カラー(オレンジ×グリーン)」のユニフォームを着て野球をやっていたんです。 ”アラフィフ世代”以降の「大洋ホーエルズファン」なら、涙がちょちょぎれるくらい嬉しい映像です。 この画像では、「松岡」「中塚」「ゲーリー」「シピン」「松原」「伊東」「長崎」の各選手の打撃が見れますね。

守備も打撃もすばらしかったです。 バットを肩に担いだ打撃ホームが特徴的で、玄人受けする選手でしたね。個人的には、ホエールズ~ベイスターズを通して、最強の助っ人外人だと思っています。 まだ読んでいないのですが、某テレビ番組でコメンテーターとして出ていた「竹田圭吾氏」が、最近泣けた話としてこの本を取り上げていましたね。

%link%詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *